歯ぐきが腫れたり、血や膿が出たり歯がぐらぐらします。

また口臭がひどくなります。初期の頃はほとんど自覚症状なしに進行し、皆さんが痛くなって来院したときはすでに手遅れとなってしまっていることもあるのです。

歯科器具中古販売

歯垢(プラーク)とは
歯磨きで除去できる歯についた汚れで、水分を除けば80〜90%が細菌で残りの10〜20%をタンパク質や糖質が占めます。お口の中に残っている炭水化物などを利用して細菌はどんどん増えていきます。これが口臭や歯周病の一番の原因です。

 

歯石とは
歯垢が唾液中のカルシウムと反応して石にようになったものが歯石です。歯石がついていると、その上に歯垢がどんどん増えてさらに細菌が増殖していきます。歯石は歯磨きでは助教できず、歯科医院で専門的に除去するしかありません。

 

オートクレーブ

歯周病治療の流れ

[STEP1]  初期検査
綿密な検査をし、歯周病の原因を調べます。レントゲン撮影や、歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

 

[STEP2]  初期治療
歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯ぐきの改善を目指します。最初は、患者さんや歯ぐきに出来るだけ負担のかからない方法を選択します。歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていないことが原因です。

 

[STEP3]   再評価
歯周病の治り具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

[STEP4]  外科治療(必要に応じて)
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

 

[STEP5]  定期検査
全ての歯周治療が終了した後は、長期的な健康維持のために3-4ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので定期検診の度に、歯のみがき方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *