歯が浮くような感じがすることもあります

歯周病とは?

歯周病とは、歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されていく病気で細菌によって引きおこされる感染症です。歯周病は歯の周りの組織(歯周組織)が壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っていると言われています。また、日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられています。

マイクロモーター

歯周病の進行について

成人の80%前後が歯周病になっているにもかかわらず、自分がそうだとわかっている人、あるいは自分が歯周病のどのレベルであるのか知っている人は、意外に少ないようです。そこで、歯周病の進行プロセスを追ってみましょう。まず、歯肉炎では歯ぐきがたまに腫れたり、赤く充血したり、歯ブラシに血がにじむ程度です。初期の歯周炎になると、歯周ポケットができ、歯周組織の破壊がはじまります。

 

歯が浮くような感じがすることもあります。中期歯周炎になると、歯ぐきがやせたりブヨブヨになる、食べ物が歯にはさまりやすくなる、口臭がする、硬いものが噛みにくくなる…といった感じになります。やがて末期の歯周炎になると、歯槽骨がほとんど無くなり、歯の根が露出します。歯は著しくぐらついて、最後は抜け落ちます。

超音波スケーラー

お口の中に溜まった汚れがプラークになり、それによって歯ぐきに炎症が起きる病気を歯周病といいます。歯周病になると、歯ぐきが腫れて歯磨きなどの際に血や膿が出るようになります。進行に合わせて歯を支える歯槽骨が溶かされていき、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。しかし、初期段階では自覚症状がなく、気付いた時にはすでに重度になっていることが多いのです。歯周病の恐ろしさは、それだけではありません。歯周病菌が身体の中に入り込むことで、全身疾患を引き起こす可能性もあるのです。その中には、心臓病や肺炎、糖尿病、早産など、命に係わる重篤な病気もあります。お口の中の健康だけでなく、全身の健康まで脅かされる可能性がある病気だという認識をお持ちください。

 

スケーリング&ルートプレーニング

歯周病の根本的な原因は『歯垢(プラーク)』で、歯垢(プラーク)は毎日の歯磨き等で取り除く事が可能ですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていて完全に取り除けていないことが多く、歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない『歯石』になってしまいます。歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、取り除かなければ歯周病が進行してしまいます。

また歯周病になってしまえば歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)、歯石は歯磨きでは取り除く事が難しくなるため、さらに歯周病の症状が進行していきます。これらの『歯石・歯垢(プラーク)』を除去し、再び付着しづらくする治療法が『スケーリング&ルートプレーニング』です。歯磨きでは取り除けない歯石、取り除けていない歯垢(プラーク)を除去することによって炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *