次のような症状があったら、歯周病の可能性があります

人間は年をとると、なぜ入れ歯になってしまうのでしょうか? しかし老化によって歯が抜けるという事実はありません。その原因の多くは、歯周病です。

ハンドスケーラー

歯周病は以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯槽膿漏とは歯ぐきから膿(うみ)の出る病気という意味ですが、その他にも様々な症状があることから、今では歯周病と呼ぶようになりました。

 

歯周病は、歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)が蓄積することで、細菌が繁殖して歯ぐきに炎症を起こし、その後歯を支えている骨(歯槽骨)が侵される病気、すなわち細菌感染症です。

 

歯周病セルフチェック

次のような症状があったら、歯周病の可能性があります。
セルフチェックをしてみましょう。

朝起きたときに、口の中がネバネバする。

歯みがきのときに出血する。

硬いものが噛みにくい。

口臭が気になる。

歯肉がときどき腫れる。

歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。

歯がグラグラする。

マイクロスコープ 歯科

また、次のような方には、歯周病が起こりやすいことが知られています。

45歳以上の方

喫煙者

妊娠中

糖尿病にかかっている方

歯みがきの悪い方

これらにあてはまる方は、歯周病のリスクが高いといわれています。

 

歯周病が引き起こす全身疾患

糖尿病
糖尿病の人は特に歯周病に対する抵抗力が弱く、歯周病に感染しやすく進行も早いと言われています。歯周病菌は糖代謝のコントロールに悪影響を及ぼすため、糖尿病で最も大切な血糖値のコントロールを難しくさせてしまいます。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
ご高齢の方や寝たきりの方など、抵抗力が落ちていると大量の歯周病菌が発生します。食べ物を誤嚥した際に歯周病菌が肺の中に入ることで、肺炎を起こすリスクが高まります。

早産、低体重児出産
歯周病菌によるお口の中の炎症が血管をとおして全身に回り、羊水にも影響を及ぼすことがあります。これにより、早産や低体重児出産のリスクを高める場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *