最近では原因が細菌類と真菌類(カビ)の混合感染症という考え方があります

歯周病とは歯周組織に起こる病気で、かつては歯槽膿漏と呼ばれていました。歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最終的にはひどくなると歯が抜けてしまうこともあります。最近では原因が細菌類と真菌類(カビ)の混合感染症という考え方があります。

http://saka-1991.blog.jp/

従来の方法(歯磨きや歯石の除去、あるいは歯肉を切るなどの外科手術等)だけでは歯周病が治らない患者さんに対して、「歯周内科」と言われる治療で90%以上の有効率で治すことができます。「歯周内科治療」という方法で後述します。又、この病気は糖尿病や高血圧といった成人病と同じようにSilent Disease(サイレント・ディズィーズ。足音を忍ばせて静かに進む病気の意)といわれ、痛みもなく、知らず知らずのうちに進んでいきます。日本人の成人約80%が歯周病にかかっているといわれています。

 

歯周病になっているかセルフチェックしましょう

歯を磨いたときに血が出る。歯肉の色が濃い赤や紫色。朝起きたときに口のなかがネバネバする。体調がよくないときなどに歯が浮く感じがする。歯肉が盛り上がっている。歯と歯の間にものが引っ掛かりやすくなった。腫れた歯肉を押すと膿が出る。腐ったような口臭がある。歯肉が後退し、歯が長く見えるようになった。歯がグラグラしてものが噛みにくくなった。

 

歯周病の進行と症状

歯周病は、歯肉に炎症を起こす「歯肉炎」と、さらに炎症が進んだ状態の「歯周炎」の2つに分けられます。

オートクレーブ

歯肉炎

歯と歯の隙間などに蓄積したプラークに潜む「歯周病菌」が歯肉に炎症を起こし、歯肉が赤く腫れたり、歯を磨くと血がでるようになります。

スリーウェイシリンジ

軽度歯周炎

炎症が歯肉だけにとどまらず、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)までもが少しずつ溶かされはじめています。口臭がでてくるなどの症状がありますが、気がつかない方も多くいらっしゃいます。

 

中度歯周炎

歯槽骨がさらに溶けて歯肉が下がり、歯が長くなったように見えます。また、歯が少しぐらつくようになり、歯磨き時の出血や口臭などの症状が悪化します。

 

重度歯周炎

歯槽骨がほとんど溶けてしまっています。歯のぐらつきが増して食事もしずらく、放置すれば自然と抜け落ちてしまう状態です。歯肉からの出血や口臭だけでなく、歯肉から膿みがでてきます。

Comments are closed.