昔は、歯周病の適切な治療法はなく、年を取ると歯が抜けるのは当然と思われていました。

昔は、歯周病の適切な治療法はなく、年を取ると歯が抜けるのは当然と思われていました

現代人が歯を失う要因を大別すると、歯周病が5割、虫歯が4割、その他(事故・矯正時の抜歯など)が1割となっています。歯周病は年齢とともに静かに進行し、放っておくと自然に歯が抜ける疾患です。昔は、歯周病の適切な治療法はなく、年を取ると歯が抜けるのは当然と思われていました。歯科材料

 

しかし、最近では歯周病の原因と対策が明らかになり、治療法も著しく進歩しています。従って、歯周病が進行しきってしまう前に適切な処置、メンテナンス行うことで一生自分の歯を守ることも出来るのです。

オートクレーブ

歯周病原菌の温床 歯周ポケット

「歯周ポケット」とは、歯と歯茎の間にプラークがたまることで歯茎がはれ、隙間が大きくなって形成されます。「歯周ポケット」は「歯周病原菌」が繁殖するのに非常に適しており、放っておくと歯茎の下にある歯槽骨を溶かしまいます。

 

しかし、「歯周病原菌」が増殖していても、痛みなどの自覚症状は少なく、静かにゆるやかに進行していきます。そして、気づいた頃には恐ろしく進行しており、歯を失う危険をもっているのが歯周病の特徴です。更に、歯周病を要因として内臓疾患の悪化など二次病変の危険性ももっています。

http://nanami01.ti-da.net/

歯の周りの組織が壊れて結果的に歯が抜ける

歯茎の内側は目で見ることができません。しかし、歯の根の表面にあるセメント質と歯槽骨との間には歯根膜という線維があり、通常はこれが歯が骨から抜け落ちないように支えています。虫歯は歯そのものが壊れていきますが、歯周病は歯の周りの組織が壊れていくのです。そして周りの組織が壊れることで、歯が抜け落ちてしまいます。

 

高齢者が歯周病に気を付けたい理由

歯磨きが思うようにできなくなったり、咬み合わせに変化が起こるから

歯周病は加齢によってなりやすくなる病気ではありませんが、高齢になって歯磨きが思うようにできなくなってきたり、歯が抜けて咬み合わせがズレることで、歯周病になりやすくなります。

 

体の免疫力が落ちるから

歯周病は、体の免疫力が落ちることでなりやすくなります。
高齢者もなりやすい病気ですが、40歳以上の日本人の約8割が歯周病に罹っており、歯を失う最も多い原因となっています。

 

Comments are closed.