早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。 30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。

歯科材料

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があり、歯みがきをるとこのポケットにプラークが溜まります。溜まったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気が付かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です。

 

歯周病セルフチェック

こんな症状ありませんか?

歯茎が腫れている、赤くなっている

歯茎から出血する

口臭が気になる

口の中や唾液がネバネバする

歯がムズかゆい

歯肉から膿が出る

食べ物が噛みにくい

ハンドピース

スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

http://minaminami.kyo2.jp/

生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

 

歯周病を予防するには

歯周病の原因は細菌による感染です。歯周病の予防はもちろん、治療においても、お口の中の環境をクリーンに保つことが有効となります。毎日のブラッシングを正しく行い、定期的なメンテナンスとして予防歯科を利用するのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *