早期治療を施すためにも、早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。

歯周病の原因は、口の中の細菌にあります。細菌が歯周ポケットなどに入り炎症を起こすことで、歯を支える骨などが溶かされていってしまうのです。初期の歯周病は自覚症状がないため、「自分には関係ない」と思われている方も多い病気ですが、大切な歯を守り続けるためにも定期健診を受けていただければと願っております。

 

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。

歯面清掃用ハンドピース

軽度の歯周病

症状は、歯肉の赤みや腫れ、ブラッシング時の出血などです。

 

中等度の歯周病

症状はレントゲン検査により歯を支えている骨の吸収(無くなる)が認められます。症状は虫歯のような痛みを感じることはなく、歯肉自体がむずがゆい感じがしたり、臭いがしたりすることもあります。

 

重度の歯周病

歯を支える骨が極度に失われ、歯が動いていることを実感するようになります。腐敗性の細菌が増加することにより、臭いを伴ったり、膿(うみ)が出ていることを自覚したりします。一般的に歯槽膿漏と呼ばれるのはこの状態を指します

 

歯周病の初期段階は自覚症状が少なく、歯周病になっても気付かずに、そのままにしてしまう方がほとんどです。しかし、症状は静かに進行し、歯ぐきが炎症を起こして腫れ上がり、出血も伴い、顎の骨が溶かされて歯がグラグラしてきます。この状態になるとすでに重症です。最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうことに。「歯を磨くと出血する」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」などの症状がある方は、早期治療を施すためにも、早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。

オートクレーブ

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用の器具を使った歯のクリーニングのこと。どんなに丁寧にブラッシングしても、「歯と歯の間」「歯ぐきの境目」「奥歯の裏側」などには、どうしてもプラークが残ってしまうことがあります。ご自身では除去困難なプラークを、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて徹底的に清掃し、健康的な歯を保ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *