日本人の歯肉の状態は、全体では71%、40歳~69歳では85%に何らかのトラブルが認められます

歯の表面には毎日ネバネバした膜状の物質「歯垢(プラーク)」ができ、歯と歯肉の間に溜まっていきます。歯垢1mgには約1億個の細菌が含まれています。体の抵抗力が衰え細菌の活動が抵抗力を上回ると、歯肉は炎症を起こします。

歯科材料

歯肉の炎症をそのままにして手入れを怠っていると、炎症は悪化し、歯と歯肉が剥がれて「歯周ポケット」ができます。歯垢はこの中にますます溜まり、周囲の組織に炎症を広げて歯周病が始まります。

 

日本人の歯肉の状態は、全体では71%、40歳~69歳では85%に何らかのトラブルが認められます。(平成17年度歯科疾患実態調査より)歯周病は進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶け出し、時には支えを失った歯が、抜け落ちてしまいます。
成人が歯を失う原因のナンバーワンは歯周病なのです。

 

歯周病になったらまず・・・

治療法としては、ブラッシングや歯問ブラシ,デンタル・フロスを使用してプラークを除去することや,歯石の除去(スケーリング)、汚染された根面(根の表面)の滑沢化(ルート・プレーニング)がおもな処置ですが,より深い歯固ポケットができてしまった場合などは外科的処置も必要になります.同時に歯に対する力の調整(噛み合わせの調整やぐらぐらする歯をつないで揺れを少なくする処置)も行います。生活習慣,年齢との関係も深い病気ですので,自分自身のセルフ・ケアはもちろん,定期的な検診や歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナル・ケアも必要になり、歯同病は,長い目でみて考えていくことが大切です。

ハンドピース

歯周病とはどういった病気か、歯周病になる原因や、歯周病がなぜ体の病気と関連しているのか、詳しくは歯周病と全身の健康でご説明いたします。歯周病を防ぐ最も良い方法は、6ヶ月に1度(健康な方)、定期検査を受けることと、普段の生活で歯周病になりやすくする原因を少なくすることですが、歯周病にかかってしまったら早めに適切な歯周病治療を行うことが大切です。歯周病は自覚症状がないため、歯の生活習慣病といえます。体の生活習慣病と同様に、定期健診でしか気づかないことが多いため、お口のメンテナンスと合わせて定期健診を行うことをおすすめいたします。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *