日本人の感覚として、「歯が痛くなってから歯医者で治療」といった風潮が強くありました

その結果、20歳で健全な歯を維持できている人は全体の約4%、80歳で総入れ歯になる人は60%にも及ぶというデータにもあらわれているように、日本人の口腔内環境は決して健康とは言えません。お口のトラブルの代表例として、虫歯や歯周病といった細菌性の病気があります。

歯科用マイクロスコープ

これらの病気は、ほとんど自覚症状がないままに進行し、治療を行ったとしても少なからずダメージが蓄積し、最悪の場合、歯の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。虫歯や歯周病は原因がはっきりしている病気なので、予防策が確立されています。これからは、病気を未然に防ぐ「予防」を重視していきましょう。

 

歯みがきだけでは予防できない?

歯のトラブルを予防するための基本となるのが、毎日の歯みがきです。そのため当院の予防歯科では、患者様にあった正しい歯みがきの指導に力を入れています。しかし歯みがきは効果的な予防方法ではありますが、これだけではむし歯や歯周病を防ぐ完ぺきな手段とはいえません。

超音波スケーラー

なぜならセルフ歯みがきでは、細菌の塊であるバイオフィルムを完全に取り除くことができないからです。むし歯や歯周病をしっかり予防するためには、毎日の歯みがきに加え、歯科医院で専門的なクリーニング「PMTC」を受けることが大切になります。

 

予防歯科の重要性

一度むし歯になった歯はもろくなり、再発のリスクが高まります。だから「むし歯になったけれど、治療したから大丈夫」と言うのは大きな間違いです。健康な歯を保つためには、はじめのむし歯を作らないことがとても大切です。しかしむし歯や歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がないので、自分で見つけることが難しいとされています。

 

そのため予防歯科の定期検診がとても重要になってきます。検診では口腔衛生のプロである歯科衛生士がむし歯や歯周病になりそうな箇所や、軽度のむし歯・歯周病を発見し、効果的な予防方法や早期治療を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *