敵を退けるには、まずは敵を知ることが大切です

虫歯とは、歯が溶けてしまう病気。口のなかにいるミュータンス菌という虫歯の原因菌が、食べカスをエサにして歯垢(プラーク)をつくり出し、そこから出る酸が私たちの歯を溶かしていきます。かかり始めの虫歯はブラッシングによって治癒することがありますが、ある程度進行してしまったら後は悪化していく一方。自然に治ることはありません。

歯科材料

虫歯の治療法についてご紹介する前に、虫歯になってしまう原因をご説明します。敵を退けるには、まずは敵を知ることが大切です。

虫歯菌

虫歯の直接的な原因です。虫歯菌の出す酸によって歯が溶けます。

糖分

糖分は虫歯菌の栄養源。虫歯菌は糖分を栄養にして歯を溶かす酸を作り出します。

歯質

歯質の強さは人により異なり、歯質が弱いと虫歯になりやすい傾向にあります。

ブラッシングまでの時間

ブラッシングまでの時間が長いほど、虫歯になりやすい環境にあると言えます。

 

虫歯にはその段階によってC1~C2までの4段階があります。それぞれの段階によって虫歯の治療法が異なります。各段階の代表的な治療法を説明します。

C1

虫歯の初期段階です。虫歯はエナメル質に留まっていますので治療はさほど難しくはなく、虫歯の部分を削って詰め物を入れます。最新の治療では唾液の検査をして虫歯の原因を確かめ、歯を削るかどうかを判断します。

ハンドピース

C2

エナメル質の下にある象牙質に虫歯が広がった状態です。マイクロスコープ(歯医者用の顕微鏡)で観察して、虫歯に侵されている部分だけを削り取ります。削った部分には詰め物を入れます。

 

C3

虫歯が進行して象牙質からさらに先の歯髄にまで達した状態です。歯髄は大切な器官で歯に栄養を供給していますから歯髄が犯されると歯の寿命は短くなります。歯髄を綺麗にして詰め物を入れ、被せ物をする治療を行います。治療には数日かかります。

 

C4

虫歯が歯全体にダメージを与えた状態です。歯を残して治療することも可能ですが、通常は抜歯することになります。抜歯した後に入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療を行います。

歯がしみたり痛んだりする場合、多くの方は虫歯を疑うかと思いますが、知覚過敏の可能性もあります。知覚過敏は、加齢や歯ぎしり、食いしばりのクセによって歯の表面のエナメル質が削れ、象牙質が露出することなどによって起こる症状で、しみる感じや痛みを引き起こします。いずれにせよ治療により改善しますので、まずはご相談ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *