実に日本の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」といわれています

歯周病は、プラークに棲みつく歯周病菌によって歯を支える顎の骨や歯ぐきが溶かされていき、悪化すれば歯が抜け落ちてしまう病気。日本では、歯を失うトラブル第一位です。また、日本の国民病といわれるほど蔓延しており、実に日本の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」といわれています。ハンドピース

 

そこで大切なのは、かかってしまう前に予防に励むとともに、かかってしまってもできるだけ早く適切な治療を受け、進行を食い止めること。鎌ケ谷市の歯医者「東初富アモール歯科クリニック」では、歯周病治療に力を入れています。少しでも気になる症状があれば、お早めに当院までご相談ください。超音波スケーラー

 

成人の8割近くがかかっているといわれる歯周病、どうして減らないのでしょう。それは、歯周病に罹っていることが分かりにくいからです。歯周病はほとんど症状がなく進行してしまいます。進行して初めて違和感や噛みにくさや歯肉の腫れを経験します。http://nanami01.ti-da.net/

 

このときに来院される方がほとんどです。 でも、こうなってからの治療には時間と回数がかかってしまいます。そして再発も多いのです。是非、こうなる前の来院をお待ちしています。ところで、歯周病の最後はどうなるか皆様ご存じですよね。そう、歯が抜けてしまうのです。ご自分の歯が全部無い状態を想像してください。いやですよね。そうならないため、軽度のうちにしっかり治療して、予防していきましょう。

 

[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。

 

[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。

 

[進行度3] 歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。

[

進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。

 

Comments are closed.