定期的なクリーニングを行っていないと、プラーク内に増殖した細菌が歯茎を侵します

歯の周囲に付着したプラークが、歯と歯茎の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。そして最悪の場合、歯が抜けてしまいます。日々のブラッシングが正しく行えていなかったり、定期的なクリーニングを行っていないと、プラーク内に増殖した細菌が歯茎を侵し、歯周病を発症・進行してしまいます。プラークは誰でも少なからず付着しています。問題はその付着したプラークが増殖しやすい口腔内の環境を作ってしまうことです。

血中酸素濃度計

歯周病治療の流れ

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

 

プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

歯科用マイクロスコープ

歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。このような場合は外科的な治療が必要となります。

歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *