唾液の分泌が少ない人は酸性の状態が持続しやすく、虫歯になりやすい

虫歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。
(糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれています)
ハンドピース
医学専門用語では「う蝕」と呼ばれ、英語では「Cavity」、ドイツ語では「Caries」と言います。虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「高確率で予防ができる病気」でもあります。

エアーモーター

唾液の作用

私たちの口の中は通常、ほぼ中性に保たれています。しかし、口の中に食べ物が入ると、PHが下がり口の中が酸性に変化します。口の中が酸性になると、歯のエナメル質からカルシウムが溶け出す「脱灰」という現象が起こり、虫歯になりやすい状態になります。
唾液にはこの酸性の状態を中性へと戻す役割があります。さらに唾液は、酸性の状態で溶け出した歯のミネラル成分を修復する「再石灰化」を行います。ですから、唾液の分泌が少ない人は酸性の状態が持続しやすく、虫歯になりやすいのです。

 

虫歯の仕組みについてみていきましたが、次に原因についてみていきましょう。歯の表面の歯垢(プラーク)の中には細菌が存在しており、この細菌は飲食物の中の糖分を摂取、分解して酸を出す役割を持っております。そして、この酸によって歯は溶かされてしまうのです。しかし、通常であれば口内では常に唾液が分泌されていますね。人の唾液は酸による溶解を緩和させる効果をもっており、唾液はカルシウムやリン酸などを含んでおります。そしてこれらが脱灰された状態の歯を修復してくれるのです。糖分の摂取が頻繁で、酸による溶解の緩和や再石灰化が間に合わず、脱灰された状態が続くと、その部分はそのうち崩壊してしまいます。これが、「虫歯」というものなのです。

http://shikachishiki.blogoo.ne.jp/

C1【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。

 

C2【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。

 

C3【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。

 

C4【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。

 

Comments are closed.