口臭が普段より強くなりますが

銀歯が気になる、口を開けて笑えないなどのお悩みはありませんか?このような方におすすめなのが、審美歯科のセラミック素材を使った治療です。セラミックは本物の歯のような自然な状態を実現できます。『オートクレーブ

本物の歯と見分けがつかない「セラミック」
セラミックは、天然歯と見分けがつかないほどの自然な透明感が特徴です。硬くて磨耗しないので、歯科素材としてとても優れています。また、時間が経っても変色しません。

オールセラミックインレー
色の設定が自由で光を透過する素材のため、美しく仕上がります。メタルフリー(金属を全く使わない)なので金属アレルギーでお悩みの方に最適です。金属の詰め物とは違い、天然の歯のように仕上がります。『超音波スケーラー

歯の病気には初期の自覚症状が少なく、痛みに気づいたときには、病状が進行しまっているという場合が多く、症状が進行してからの治療は、病気になってしまった箇所だけではなく、周りの歯や周辺組織にも負担がかかり、歯の寿命にまで関わってきます。

一度失った歯は元には戻りません。定期的にメインテナンスを続けていただくことが、歯を守っていくことにつながります。

歯科病院では、予防歯科に力を入れ、口腔内のチェックや虫歯・歯周病の検査、定期健診、歯磨きや食生活の指導、唾液や噛み合わせの検査などを行い、患者様と一緒にお口の健康の維持を目指します。一生涯、自分の歯で噛むために、私たちと一緒に予防に取り組み、健康な歯を保ちましょう。『生体情報モニタ

口臭が発生するメカニズムは、他臭症と同じで、酸素が嫌いな細菌(嫌気性菌)が出すガスと、口腔内の自浄作用をつかさどる唾液の分泌量に関係しています。自臭症の方の細菌量は他臭症と比べると、格段に少ないのです。歯科口腔内カメラでよく検査しましょう。それでも自覚します。 理由は断続的に臭いが発生するからです。臭覚は連続した臭いに対しては麻痺してしまいますが、断続的に臭いが発生した場合にはいつも臭いがあると感じてしまいます。(ただしその臭いの強さには強弱が起こります。) 生理的口臭「起床時」「空腹時」「緊張時」は通常だれでも起こりうるものですが、自臭症の方の口腔内の 細菌量は少ないため、唾液の分泌量の変化に対して、細菌の活動が敏感に影響を受けるものと考えられます。

口臭防止に私たちの口の中の唾液が重要な働きをしてくれているんです。通常、だ液の殺菌力が口の中の雑菌の繁殖を抑え、不要になった細胞や食べカスも洗い流してくれます『マイクロモータ

つまり、だ液が口臭を防止してくれているのです。だ液の分泌量は1日に1〜.5リットル程度分泌されるんですが、安静時には減少します。例えば、朝起き抜けに口臭を感じるのは、夜寝ている間にだ液の分泌量が減少して、自浄作用が弱まるからです。また、だ液の分泌は交感神経と副交感神経の影響を受けます。だれでもストレスや緊張によって口の中がカラカラに渇いたという経験があるはずです。これは、交感神経の影響で粘りの多い唾液が分泌されたからです。

こうしたときには、口臭が普段より強くなりますが、これは生理的なものなので安心です。リラックスして副交感神経の影響を受けているときは水分の多い唾液が分泌されて口臭防止効果が高くなります。超音波スケーラーは大切です。

水によるPHコントロールをした後には、是非『Pro Fresh』を使ってうがいをしてください。 もし水の変わりに『GC MIペースト』を使用してPHコントロールをした場合には、30分ほど経過してから『Pro Fresh』を使うようにしてください。『小型エアーコンプレッサー