口臭があるなどのお口の変化で歯周病だと気づきます

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。歯を失う最大の原因とも言える歯周病は、初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血が見られる程度で自覚症状がほとんどありません。ある程度悪化してから噛めない、歯茎が腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、口臭があるなどのお口の変化で歯周病だと気づきます。

歯科材料

歯周病とは、歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。1gの歯垢(プラーク)の中に、およそ1,000億もの細菌がうごめいています。これらの細菌感染によって起こる炎症が歯周病です。歯周病原菌となる特異な細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。

ハンドピース

歯石除去(SRP)

歯石とは、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が石灰化したものです。磨き切れなかった歯にプラーク(歯垢)が残ってしまうと、2~3日で歯石に変化すると言われており、歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは除去できません。 はじめに歯周ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行っております。歯石除去は歯周病に対する基本的な治療で、大きく分けてスケーリングとルートプレーニングという2つの方法があります。

http://dental111.naganoblog.jp/

スケーリング

専用の器具を使って歯石やプラーク(歯垢)を除去する作業をスケーリングといいます。このスケーリングにはスケーラという専用の器具を使います。

 

ルートプレーニング

ルートプレーニングとはスケーリング終了後に、歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬くなめらかに仕上げることをいいます。歯根面がなめらかではなく、でこぼこしていると、プラーク(歯垢)が付着しやすくなり、それが後々歯周病の重大な原因となります。

 

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用の器具を使った歯のクリーニングのこと。どんなに丁寧にブラッシングしても、「歯と歯の間」「歯ぐきの境目」「奥歯の裏側」などには、どうしてもプラークが残ってしまうことがあります。ご自身では除去困難なプラークを、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて徹底的に清掃し、健康的な歯を保ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *