口腔内に残る食物のカスはほとんど酸性です

ある実験によりますと、嗽するときに使う水の温度も口腔病に影響があります。嗽するときには、水の温度を控えないと、歯に冷めたり、暖かったりして、温度差の刺激を与えます。それにより、虫歯にさせるリスクも高めたり、歯の新陳代謝を邪魔します。そして、もし虫歯や歯周病、歯肉炎にかかったことがある方は、熱すぎる水や冷たすぎる水で嗽をすると、口腔に刺激を上げて、病を深刻にさせます。『歯科通販

口腔内ケアとしては、一日十6~8回嗽をすることがおすすめします。調査によりますと、よく嗽をする人は虫歯、歯周病及びほかの口腔病にかかるリスクが最も低くします。
特に秋冬の交換時期に、色々な病原体が空気の中に撒いていて、口腔を通して体に入ります。ですから、一日中朝と夜、二回の歯磨きのほか、二時間ごとに一度嗽をしましょう。そうすると、口腔内のケアもしておくし、伝染病からも予防できます。『歯科材料

そして、嗽するときには、茶水の方がおすすめします。なぜかというと、口腔内に残る食物のカスはほとんど酸性です。茶水はアルカリ性で、酸性のカスを中和します。そして、茶水にある元素が殺菌する効能があります。茶水の中には、フッ素物が含めて、嗽する時には、歯を丈夫にさせて、抗酸機能も上げます。そして、長い時間を茶水で嗽をすると、流感にかかるリスクも減少できます。『歯科用品

日々の嗽するときには、適当な温度の水を使って、一日中6~8回嗽をしておきましょう。口腔内の細菌を減少できるだけではなく、他の歯周病にも予防できます。口腔ケアに関しては、歯科器具が必要な場合は、hpよりお越し下さい。歯科機器に関する質問がある場合は、弊社のお問い合わせセンターをご利用ください。『歯科材料 通販