医院でのメンテナンス以外の期間は、ホームケアになってきます

クリニックでは、定期的なメンテナンスとして、一般的に1から3か月に1度、口腔内診査と衛生士による専門的なお口の清掃を行うことが理想的です。定期的に口腔内をしっかり確認し、むし歯や歯周病、かみあわせの不具合などを早期に見つけることで、治療期間を短く、また歯の寿命を長くすることにもつながります。また、専門的なクリーニングは、むし歯・歯周病の予防に高い効果があります。

マイクロモーター

ご自宅で手軽に行うホームケア

医院でのメンテナンス以外の期間は、ホームケアになってきます。患者さんが自分1人でしっかりとケアが出来るように、当院ではメンテナンスの際に、ホームケアのアドバイスやブラッシング指導も行っています。注意すべき部位などを一緒に確認し、普段のブラッシングで意識付けすることが大切です。髪が伸びたら美容室に行くのと同じように、口腔内も1~3か月に一度はご自身で清掃できない部位のメンテナンスに来ていただけたらと思います。

 

予防歯科の必要性

では、なぜ「虫歯で歯が痛い」「歯周病で歯ぐきが腫れた、グラグラする」などの症状が起きるのでしょうか?一般的に、甘いものが好き!歯が弱い!歯磨きが悪い!タバコの吸い過ぎ!などの答えが挙げられますが、要は生活習慣を含めたお口の中の環境が虫歯・歯周病をはじめとする病気を起こしやすい環境であるということ、もっと具体的に言えば、病気を起こす直接的な原因である細菌が繁殖しやすい環境であるということです。

エアーモーター

ですから、いくら虫歯や歯周病の治療に時間とお金を費やし治したとしても、原因であるお口の中の環境が変わっていなければ必ず近い将来、同じような症状(結果)を招いてしまうということになります。歯科治療で一通りの処置が終了した後、「やれやれ、また痛くなったら…」ではなく、原因であるお口の環境を継続的に改善し、維持していくため予防・クリーニングが重要になってきます。

 

お口のクリーニング

予防歯科で行うことは、主にお口の中のクリーニングです。歯科治療で抱きがちな「痛い」「怖い」などのマイナスイメージとは異なり(治療ではありません)、お口の中を熟練した歯科衛生士が快適にクリーニングする処置が中心になります。是非、コミュニケーションの源、審美の窓、消化器官の入口であるお口の健康をいつまでも維持できるよう、定期的なクリーニングを受けていただくことをお勧めいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *