初期にはほとんど自覚症状が現れません

歯周病とは、細菌によって歯肉が炎症を起こして出血し、進行すると顎の骨が溶けてやがては歯が抜け落ちてしまう感染症です。歯を失うほどの病気なのに痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに重度まで進行してしまうことが珍しくありません。日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っています。日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられています。

歯医者 器具

血管疾患

歯周病菌が血液の中に入り込むと、血栓ができやすくなり、動脈硬化も進みます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる重要な病気が起こりやすくなります。

家庭用超音波スケーラー

誤嚥性肺炎

誤嚥(食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと)によって歯周病菌が気管に入り込み、肺に感染して肺炎を引き起こします。
高齢の方がかかりやすく、死亡率も決して低くない病気です。

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させてしまうことがあります。また、反対に糖尿病の人は免疫力が弱いために歯周病になりやすいという説もあります。

 

低体重児

体内に入り込んだ歯周病菌が子宮周辺に影響を与え、出産時に似た筋肉の収縮を引き起こすことが低体重児出産の原因になると言われています。

 

歯周基本治療

プラークコントロール

プラークコントロールとは、ご自宅での適切なブラッシングなどのケアにより、歯垢(プラーク)を除去することです。プラークコントロールが不十分だと、どんな治療を行っても効果が低下してしまいますので、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの清掃補助用具を使って歯垢を取り除くようにしてください。

 

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

ご自宅でのブラッシングだけでは取り除くことができない歯周ポケット内の歯石などの汚れを、専用器具を使って除去した後、表面を滑らかにして再付着を防ぐ治療です。SRPを行うことで、歯茎の炎症などを改善することができるようになります。

 

歯周再生治療

歯周病によって溶けた歯槽骨は、通常、再生することはありません。そのため、歯周外科治療のほか、歯周組織再生誘導材料を用いることで、歯槽骨の再生を促進します。これを「歯周再生治療」と言います。歯周再生治療を行うことで、歯周病の進行を抑制したり、状況によっては元の健康な状態と同じ構造で歯周組織を回復させたりすることができる場合があります。

Comments are closed.