初期であれば治療期間も短く、歯への負担や費用も抑えることができます

虫歯や歯周病になってしまった歯を治療することではなく、「歯を病気から守ること」が歯科医院にとって最も大切な役割でありという考えが、「予防歯科」の原点です。

光照射器

病気になりにくい口内環境をつくり、虫歯や歯周病などの病気も初期段階で発見することができれば、治療で歯を削ったり抜いたりする必要はなくなります。初期であれば治療期間も短く、歯への負担や費用も抑えることができます。

 

予防歯科では、具体的にどんなことをする?

  1. 歯の病気の有無をチェック

まずは口内の診察をし、虫歯の有無や歯肉の健康状態をチェックします。また、歯と歯肉の間の溝の深さを測定することで、歯周病の進行状態も確認します。次にレントゲン撮影により、目では確認できない歯と歯の間の虫歯の有無や、歯を支える骨の状態をチェックします。

 

PMTC(歯の清掃)・フッ素塗布

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科のプロである歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具と研磨剤を使って歯全体を徹底的に清掃し、歯垢を除去します。

口腔内カメラ

PMTCを行なうことで、毎日の歯磨きでは除去しきれない歯と歯の隙間などに溜まった歯垢も、すっきりと除去することができます。清掃した後は歯の表面を研磨し、フッ素を塗布します。フッ素には、虫歯の原因菌が産出する酸への抵抗力を高める効果があります。

http://shikachishiki.blogoo.ne.jp/

ブラッシング(歯磨き)指導

口内の状態は、歯並びや歯の大きさ、補綴物の有無や歯の欠損数など、患者様によって大きく異なります。そして、口内の状態によってブラッシングの仕方や使う清掃道具も異なるため、患者様お一人おひとりのお口に適したブラッシングや口腔ケアの方法、清掃道具の選び方を指導させていただきます。患者様ご自身によって適切にケアをしていただいてこそ、歯科医院での予防処置はその効果を発揮することができます。

 

歯石の除去

歯に付着した食べカスをエサとして毒素を出しながら増殖する白い細菌の固まりのことを歯垢といいますが、この歯垢が唾液に含まれるカルシウムの作用で石灰化し、硬くなったものが歯石です。歯石も歯周病の原因となる細菌の固まりですが、歯石は歯磨きでは除去することができないため、専用の器具を使って歯の根元や歯と歯肉の隙間に付着した歯石を取り除きます。

Comments are closed.