冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

虫歯の予防といえば歯磨きが真っ先に連想されますが、 自分で行うケアだけでは虫歯予防に不十分な場合があります。そんな時、虫歯予防のために歯科医院を利用するのが予防歯科です。たとえば歯科医や歯科衛生士のチェックを受け、正しい歯磨きの方法を教わることによって日ごろのケアを万全なものにします。それから歯のクリーニング。歯石など歯磨きでは落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。

また、予防歯科の重要性が高まり「PMTC」という歯のクリーニングが注目されています。専門の歯科衛生士が通常の歯磨きでは取れない部分の歯垢を綺麗にし、虫歯や歯周病を予防します。単に汚れを落とすだけでなく、 歯の強化や着色を落として白い歯を取り戻すことができる効果があります。虫歯になる前に対策を行う。予防歯科は治療の負担を軽減するためにも重要な意味を持っています。「歯科は虫歯を治療するところ」という認識を改め、より積極的に利用するようにしてみてはいかがでしょうか。

ニッケルチタンファイル

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

 

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

歯科材料

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

 

C4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *