入れ歯にはさまざまな種類があります

歯を失ってしまった場合の治療法には、「インプラント」のほかに「入れ歯」「ブリッジ」がありますが、手術をともなうインプラントに適さない方やそもそもインプラントを希望されない方もいらっしゃるかと思います。入れ歯治療は手術の必要がなく、歯を失った場合の治療としてもっともポピュラーな方法です。

 

入れ歯のメリット

無理なく安全に製作でき、手術の必要がない

治療期間が約1ヶ月と短い

インプラントに比べると安価

健康な歯を削ることがほとんどない

取り外しが可能でメンテナンスがしやすい

 

金属床入れ歯

入れ歯の床部分が金属で作られているのが「金属床入れ歯」です。プラスチック製のものよりも薄く、熱が伝わりやすいため、食べ物の温度を感じやすいという特徴があります。違和感もほとんどありません。

 

総入れ歯

すべての歯を失ったときに「総入れ歯」を装着します。広範囲を補完するため部分入れ歯よりも多少違和感がありますが、定期的なメンテナンスによって違和感を緩和させることができます。

歯科材料

部分入れ歯

失った歯の周囲に支える歯がある場合に「部分入れ歯」を装着します。バネを使って両脇の歯に固定し、歯ぐきの上に直接置きます。取り外しが可能です。

 

アタッチメント・デンチャー

入れ歯を固定する止め金が必要なく、磁石などのさまざまなアタッチメントを使用した入れ歯が「アタッチメント・デンチャー」です。入れ歯とわからない見た目のよさに加え、装着時の違和感も少なく、しっかりとものを噛むことができます。

ハンドピース

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は人工の歯なので、虫歯にはなりませんが、長持ちさせるためには、毎日の手入れが欠かせません。歯磨きのように毎食後に洗うことが理想的ですが、せめて寝る前に1日1回は丁寧に洗いたいものです。洗い方は、入れ歯専用ブラシを使って水で洗い流すのが基本。3日に1回程度は、入れ歯専用の洗浄剤で汚れを浮かし、その後、ブラシでこすって洗い流してください。熱湯や漂白剤に付けるのは、変色や変形の原因になるので避けましょう。

Comments are closed.