免疫力の低下が歯周病の引き金

歯周病は日本人の約8割がかかっていると言われていています。実は大人だけでなく、子供にも増えてきている病気で、日本の老若男女誰もがかかる可能性があるもはや国民病とも言えるものなのです。初期段階では気が付きにくく放置されがちですが、症状が悪化すれば激しい痛みや膿による悪臭を漂わせてしまう歯周病。歯を失う大きな原因のひとつともいわれ、実際に重篤化してしまったものは抜歯をするほかなくなってしまいます。

ハンドピース

歯周病は誰もがなる可能性のある病気であり、深刻な症状へと発展するものですが、恐れる必要は決してありません。原因を理解し予防法を身に着け実践すれば、誰でも予防することは難しくないのです。正しい知識と行動力で国民病である歯周病に立ち向かっていきましょう。

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

歯周病の原因はプラークにあります。プラーク中には様々な細菌がいますが、その中には特に歯周病を引き起こす原因菌が億単位で潜んでいるのです。食生活が乱れてはいませんか?甘いものばかりを食べすぎてはいませんか?毎食後の歯みがきを怠っていませんか?ブラッシングの正しいやり方を知っていますか?普段の生活におけるちょっとした隙間から歯周病菌は入り込んできます。生活習慣を正していくことは歯周病の予防をすることにつながるのです。

マイクロスコープ 歯科

歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

 

歯槽膿漏

顎の骨が大幅に溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

 

免疫力の低下が歯周病の引き金に

周病は歯周病菌が原因になるので、お口の中を清潔に保つことで歯周病になるリスクはかなり低くなるのですが、体の病気などの影響により免疫力の低下を受けることも大きな要因になります。

例えば、風邪をひいていたり、日頃の疲労やストレスにより免疫力が下がっていることで、歯周病菌に対する免疫力も落ちてしまいます。糖尿病や白血病にかかっている人も、健康な人に比べ全身の免疫力が常に低下しているため、歯周病が発症しやすく、なかなか治りにくいのです。

Comments are closed.