体に優しい陶器に似た素材を中心に使用いたします

セラミック治療とは、歯の欠損部分を『強く、美しく、親和性の高い素材』で補う歯科治療を指します。本物の歯と寸分変わらない綺麗な見た目の歯を作れる事がこの治療の特徴で、欠損部分の補綴だけでなく、ホワイトニングや矯正目的でセラミック治療を受けられる患者様もいらっしゃいます。また、審美性だけでなく、強度があり、体への馴染み(親和性)も高いことから、安心して日々の生活を送れるように口腔内が改善されます。
クリア歯科ではこの治療に『ジルコニア』という体に優しい陶器に似た素材を中心に使用いたします。

歯科材料

セラミックの詰め物は保険でできるのか?

奥歯の治療で詰め物を入れるとき、一般的な保険診療では銀歯での治療となります。
今まで白かった歯に金属が入ってしまうとそれだけで目立ってしまいますし、また金属アレルギーの心配なども生じてきてしまいます。それを解決する詰め物がセラミックというわけです。セラミックは見た目もわからない程審美性に優れ、また精度も良い事から虫歯になるリスクも少ないと言われている材料です。

 

最も気になるのはセラミックの値段だと思います。セラミックにも種類が幾つかあるので、その純度や製作法によって費用が変わってきます。相場としては詰め物は3〜5万円前後で行われていることが多いです。ハイブリッドセラミックインレー(セラミックの粒子とプラスチックが混ざったもの):3〜4万
セラミックインレー:4〜5万
 ハンドピース

セラミックの寿命

セラミックはどれほどもつのでしょうか。そういった質問を受ける事もあります。寿命があるかと言えば、条件が整っていれば長く持つ素材であるのは間違いありません。セラミックを歯とくっつける接着剤(セメント)は歯と馴染みがよく、かつ一体化されるので、優れているのです。ただし、もちろん歯磨きをしていないだとか、歯軋りなど極端に噛み合わせが強い方などでは欠けたり割れたりすることはあります。

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

セラミックで綺麗な自信のある笑顔を!

ここでは審美歯科、セラミック治療についてのお話をします。

 

いろいろな歯科治療によって咬み合わせ補綴物などの治療をしても見た目が銀歯で虫歯は治したけれどなんか満足いかない気分になったことはありませんか? 機能的に役割を果たしていれば食べることに対してはクリアですが、見た目の問題をクリアすることは保険治療の銀歯では難しい場合があります。心身ともに満足感を得るためには審美歯科によって機能的な面はもちろん審美的な面もきれいすることが可能です。

 

見た目が綺麗になることで自信をもって笑顔を友達の前で見せることができます。手で口を隠したり、マスクもする必要もなくなります。そうすることで人のクオリティオブライフを充実させることが審美歯科の目標でもあります。審美歯科はホワイトニング、セラミックなど保険が効かないことがほとんどですが自費の材料を使うことで非常に綺麗に治療ができ見た目を改善したい人にはおすすめです。

Comments are closed.