一度、知覚過敏になると、その後は何度も繰り返し起こすようになりやすいといわれています

冷たいものを飲んだときや、うがいをしたときなどに歯がしみるような痛みを感じることがあります。これが「象牙質知覚過敏」、一般に知覚過敏と呼ばれるもので日本では3~4人にひとりは症状があるといわれています。症状が悪化すると歯ブラシが当たるだけでも痛みを感じるようになり歯みがきが十分できなくなってしまいます。当然、歯垢を取り除くためのブラッシングも正しくできなくなり、知覚過敏の要因のひとつとして知られる歯周病など、口内環境をさらに悪化させる悪循環を起こしてしまいます。

 

知覚過敏のしくみ

知覚過敏はエナメル質の下にある象牙質という歯の柔らかい部分が露出することによって起こります。象牙質には細い管が放射線状に歯の神経(歯髄)に向かって広がっているのですが、エナメル質が削れたり歯ぐきが下がったりすると象牙細管を通って神経に直接、刺激が伝わってしまいます。この情報が脳に送られて痛みや不快を感じさせるのです。

 

知覚過敏を引き起こす要因

歯みがきをする際の力の入れすぎは禁物です。歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、あまり強く磨きすぎると歯のエナメル質が削れてしまいます。歯みがきの回数や毛先の硬すぎる歯ブラシの使用、過度のホワイトニングも要因になるといわれています。

 

歯周病により歯ぐきが下がり、露出した歯根部分のセメント質を傷つけてしまうこともあります。セメント質はエナメル質よりも軟らかく欠けやすいため刺激を受けやすく、しみやすいのです。

 

一方、睡眠中の歯ぎしりが知覚過敏の原因になっていることもあります。歯に過剰な力が加わって負担がかかるため表面が割れたり、ひびが入ったりして象牙質が露出する場合があります。

Comments are closed.