プラークはほとんど歯と同じ色のため、肉眼で見つけるのは困難です

歯周病はたいていは気付かないうちに進行し、治療できないほどに重症化することが多い病気です。大人のほとんどの人が歯周病にかかっていると言われ、40歳を過ぎると、虫歯よりもこの病気によって多くの歯が失われます。しかも歯ではなく歯の周囲組織を破壊するので、完璧な歯でさえも、この病気で失われる可能性があります。しかし歯周病は予防したり、治療することが可能です。歯を失わないためにも普段の歯の手入れと医師や歯科衛生士の治療やアドバイスを受けることが大切です。

光照射器

歯周病の原因はプラーク(歯垢)

口の中に常に存在する多種の細菌は、毎日絶え間なく歯の表面に付着し、繁殖し、細菌の塊(プラーク)を形成します。このプラーク(歯垢)から毒素が歯肉にしみ込みます。
詳しくいうと、この毒素に対して、体のほうで、防御反応として、自己防衛軍である血液が血管から出て、戦った結果、その戦場である歯肉が破壊されるのです。そして歯肉の縁の周りに残された、たくさんのプラークが炎症を継続させます。

 

プラークはほとんど歯と同じ色のため、肉眼で見つけるのは困難です。ネバネバした粘着物ですが、歯磨きで取り除けます。取り除かないと石灰化し、硬くなり歯石がつくられます。ここにまた新しいプラークが歯石の上にできあがり、これが炎症をさらに進行させます。

 

歯周病の治療

歯周病の治療の原則は、深くなったポケットの内外から、プラークや歯石を取り除くことです。

オートクレーブ 価格

お口の掃除指導

歯周病の原因であるプラークは、毎日付いてくるので、ご自身による日々のお口の清掃が最も重要です。 まず、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上で、ご自分に合った当院専用歯ブラシを選択しブラッシングの方法を学んでいただきます。

ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。さらに、歯ブラシでは届かないところを磨く他の補助的な清掃器具である歯間ブラシやトゥースピック、デンタルフロス等の選択と使用方法の指導を行います。

 

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、それ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *