セラミック製のもの、またはそれを使った修復法とホワイトニング

口もとは顔の印象を大きく左右する、重要なパーツ。そのため、近年審美歯科やホワイトニングが注目を集めています。それにともない、治療技術も日々進化し続けています。美しい歯を保つためには、審美歯科治療だけでなく健やかな口腔内環境に整えることも大切です。きれいな被せ物をしていても、虫歯や歯周病でほかの歯が黒ずんでいたり、土台となる歯が傾いていたりしては、美しくみえないからです。場合によっては、被せ物ごと歯を失ってしまう可能性もあります。

マイクロスコープ 歯科

セラミックインレー

セラミック製の詰めもの、またはそれを使った修復法です。虫歯治療に一般的に用いられる銀の詰めものが気になる方におすすめします。セラミックインレーは周囲の天然歯と同じ色の素材で作製されるため自然な仕上がりです。金属を一切用いないため、金属アレルギーが気になる方にも最適です。

 

オールセラミック

すべてセラミック(陶器)でできた被せ物です。内側に金属を使っていないので、天然歯に近い自然な透明感が得られますが、強い衝撃が加わると欠ける可能性もあります。金属アレルギーをお持ちの方も、安心して使える素材です。

 

ボーセレン ラミネートベニア

歯の表面だけを薄く削ってセラミック製のチップを貼りつける修復方法です。安全かつ美しい仕上がりが特長で、現在審美歯科の主流となっています。歯の色や形、詰めものの変色、治療の痛みといった諸問題を、よりダメージの少ない方法で解決できます。

http://minaminami.kyo2.jp/

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯科医師が行うホワイトニングのことです。オフィスホワイトニングでは、高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光線を当て活性化させてゆきます。短時間で歯を白くできるのが特長です。ホワイトニング効果には個人差がありますが、1回のホワイトニングで明らかな違いを感じることができるでしょう。「すぐに歯を白くしたい」そんな方にピッタリです。施術は1時間ほどで完了します。白さを長期間にわたって持続させるためには、歯科医院にて3~6か月に1回の周期でアフターケアを受けることをおすすめします。

Comments are closed.