エナメル質を越えたこの段階では、冷たいものや甘いものがしみてきます

C1エナメル質の虫歯

これは、歯の表面の最も硬い部分です。この段階の虫歯は痛みもないので自覚症状はありませんが、この時に治療すると痛みもなく乳歯の場合は虫歯の進行を止める薬を塗るだけの場合もあるほど簡単です。

光照射器

C2神経に近い象牙質の虫歯

エナメル質を越えたこの段階では、冷たいものや甘いものがしみてきます。この時になるべく治療を済ませましょう!治療はう食を起こしている部分を削りインレーなどのつめものをします。

 

C3神経に達した虫歯

歯の痛みが激しい時は、神経(歯髄)まで侵されている証拠です。治療は歯髄(神経)をとってしまわないといけないので、時間が掛かります。治療はう蝕された部分を削り神経をとるまで多少の痛みをともないます。

 

C4歯根まで進んだ虫歯

この段階まで来ると、歯の形はなくなっています。神経の孔を通して顎の骨に細菌が感染すると顔が大きくはれる事があります。治療は大変困難です。治療はう蝕された部分を削り神経をとるまで多少の痛みをともないます。残った根に強度が不足しており修復が出来ない場合には抜歯する場合もあります。

 

虫歯の予防について

食後すぐに正しいブラッシングをする

虫歯や歯周病の予防でもっとも重要なのが食後のブラッシングです。

オートクレープ

フッ素

フッ素を歯の表面に塗布することで、歯の組織が強化され、虫歯菌の出す酸に対しての抵抗性も向上します。さらに、虫歯菌が酸を作り出すのを阻害する効果もあります。 また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させます。

 

シーラント

歯の溝は深く複雑で、さまざまな形態をしています。この溝にプラークが入ると除去するのは困難で虫歯になりやすいです。そこで、その溝をシーラントで埋めることでプラークが付くのを防ぎ、虫歯の予防や進行の抑制を行います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *