エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です

初期の虫歯(CO)

【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。

エナメル質の虫歯(C1)

【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。

家庭用超音波スケーラー

象牙質の虫歯(C2)

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。

神経にまで達した虫歯(C3)

【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。

パルスオキシメーター

歯根まで達した虫歯(C4)

【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。

根管治療

虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします。
炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。根管治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する方法です。根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *