もしかしたらそれは、歯周病のサインかもしれません。

こんなお悩みはありませんか?

もしかしたらそれは、歯周病のサインかもしれません。

歯周病は、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)のプラークに潜む歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が溶かされてしまう病気です。ただし、初期には自覚症状がなく気づきにくいため、気づいたときにはずいぶん進行してしまっていることも珍しくありません。

歯科用超音波スケーラー

最終的には顎の骨が歯を支えられなくなり歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですので、早期発見・早期治療が大切です。歯周病は進行に応じて、歯ぐきの出血や口内のネバつき、口臭、歯のぐらつきといった症状となってあらわれます。

初期

通常2mm程度の歯周ポケットが、4mmまで深くなっている状態。ブラッシング時に出血することがありますが、プラークや歯石の除去で改善できる場合がほとんどです。

中期

歯周ポケットの深さが4~6mmの状態。歯ぐきが炎症を起こし、赤く腫れます。また、顎の骨が溶けはじめ、歯がぐらつくことがあります。

末期

歯周ポケットの深さが6mm以上の状態。顎の骨が半分以上溶けてしまい、歯が大きくぐらつきます。口臭もきつくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

ニッケルチタンファイル

定期検診の勧め

まず予防のために必要なのは、定期的に歯科医院の検診を受けること。歯の病気は治療すれば機能を回復できますが、完全に元通りになるわけではなく、病気や治療によるダメージが蓄積されてしまいます。そのため「痛くなったら治療すれば大丈夫」という考え方は禁物。自覚症状がなくても、歯科医院で定期的にお口の状態を診てもらうことを心がけましょう。

 

スケーリング

プラーク(歯垢)は放っておくと歯石となり、ご自身でのブラッシングケアでは落とせなくなってしまいます。スケーリングでは、「スケーラー」という器具を用いて、このプラークや歯石を徹底的に除去します。

 

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

正しいブラッシングを徹底していても、どうしても磨き残しは出てしまうもの。PMTCでは、歯ブラシが届きにくい部分を専門の機器を用いてクリーニングします。クリーニングなので痛みもなく、プラークをキレイに除去するプロのクリーニングです。

 

ブラッシング指導

正しい磨き方でブラッシングができていないと、何度治療を行ってもプラーク(歯石)が溜まってしまい、病気の再発を招きます。病気のリスクを軽減するため、患者様の歯並びや咬み合わせに合ったブラッシング方法をお伝えし、実践していただきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *