みなさんは「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありますか?

歯周病を引き起こす因子の一つが、虫歯と同じ歯垢であることはあまり知られていないようです。食べた後に歯磨きをしないと、時間がたつと歯垢ができ、さらにブラッシングでこれを取りきれないと、やがて歯石に変化します。

 

こうなると、もう歯ブラシでは取れません。歯石は固く、細菌が入り込みやすい構造になっていて、歯周病菌の温床となります。歯周病を悪化させてしまうと、やがて炎症はあごの骨にも悪影響を及ぼします。どんなによい入れ歯を入れたとしても、あごが痛くてきちんと噛めないなどということも実際に起こっています。こうなる前に、歯周病にならない、悪化させないことがとても重要なのです。

歯科 通販

みなさんは「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありますか?歯と歯茎のすき間のことで、健康な状態ではその深さが0~2㎜程度です。しかし、歯周病で歯茎が炎症を起こしたり、あごの骨が溶けたりすると歯周ポケットはどんどん深くなっていきます。歯周ポケットが4㎜以上だと確実に歯周病が進行していると考えられ、6㎜以上になると重度の歯周病だと言えます。この深い歯周ポケットにたくさん歯石がたまり、歯周病菌の温床にもなってしまいます。

 

歯周病はこんな病気です

痛みがなく進行します

虫歯と違い、歯周病は「痛み」を感じずに症状が進行していきます。気づいた時には歯がグラグラと揺れていて、手遅れの状態になってしまうことも少なくありません。

 

体の病気にも関係しています

歯周病が悪化をすると、菌が血管に入り込み、血液の流れに乗って全身に広がっていきます。ガン、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肺炎、糖尿病など、あらゆる病気の原因になることもあります。

 

お口全体に広がります

虫歯は歯磨きに不備のある箇所で集中的に進行しますが、歯周病はお口全体に菌が広がっていきます。最悪の場合、全ての歯が抜け落ちてしまい、総入れ歯になることもあります。

光照射器

骨を溶かす病気

歯茎から血が出る病気、ではなく歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。症状が進行すると、歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う一番の原因です。

 

食べかすなどが残ると、歯垢として歯の表面などにこびりつきます。これが初期であればブラッシングで除去することもできるのですが、歯石レベルになると不可能です。この段階だと歯科医院で「スケーラー」と呼ばれる専用器具で除去しなければなりません。歯石は、毎日丁寧にブラッシングをしていても付着するものなので、定期的に歯科医院で除去することが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *