こんな方は歯周病治療が必要です。

歯周病とは、歯垢に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、顎の骨を溶かしていく病気です。進行すると、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。日本の成人の約8割が歯周病もしくは予備軍だと言われている「国民病」で、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。

歯科器具中古販売

歯周病の怖い特徴として挙げられるのが、歯周病は感染していても症状を感じにくく、静かに進行していくという点です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。

そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんどです。
そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守ってあげることが重要です。

こんな方は歯周病治療が必要です。

歯ぐきから血が出る

歯肉が腫れている

口臭が気になる

歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える

歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが入りやすくなった

歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている

定期的な歯のクリーニングをしていない

ハンドピース

歯周病は自覚症状に乏しく、気付かないうちにどんどん進行してしまう厄介な病気。だからこそ、歯科医院で定期検診を受けて予防に努めることが大切なのです。当院では、歯周病の疑いがある患者さんには以下のような歯周病検査を行い、早期発見・早期治療につなげています。

ポケット検査

歯周病は進行すればするほど、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなっていきます。ポケット検査では、専用器具を使って歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度合いを把握します。

歯の動揺度検査

歯周病が進行して顎の骨が溶かされていくと、歯がグラグラしてきます。歯の動揺度検査では、歯に力を加えてグラグラする度合いを測定することで、歯周病の進行状況を確認します。

レントゲン検査

歯周病が進行するとともに、歯を支えている顎の骨が溶かされていきます。レントゲン撮影をして顎の骨の状態を確認することで、歯周病の進行度合いを把握します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *