この段階であれば、しっかりと歯垢を落とすことで改善します。

日本人の成人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。
歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。

超音波スケーラー

歯肉炎

歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)は2~3mmほどです。歯肉が赤みを帯びて腫れたような状態で、歯磨きのときに出血することがあります。腫れや出血があっても、程度が酷くないので放置しがちになりますが、そのままにしていると次の段階である歯周炎へと進行してしまうので、毎日正しく歯磨きするのはもちろん、歯科医院でメンテナンスを受けることが大切です。この段階であれば、しっかりと歯垢を落とすことで改善します。

 

軽度歯周炎

歯周ポケットが少し深くなり、3~4mmほどになります。歯肉が赤く腫れたような状態で、食事や歯磨きのときの出血や、冷たい水がしみるなどの症状が見られます。また、指で歯を押すと前後に動きます。歯垢や歯石を取り除くスケーリングという処置を行ないます。

 

中度歯周炎

歯周ポケットがさらに深くなり、4~6mmほどになります。歯肉が赤く腫れてブヨブヨになり、出血が増えます。歯周ポケットからは膿が出て、口臭が気になりはじめます。また、歯肉が痩せるので歯が長く見え、グラグラと前後左右に動きます。歯が浮いたような感じになり、固いものを噛むときに違和感や痛みを覚えることもあります。スケーリングと、汚染されたセメント質(歯根の表面を覆う組織)を取り除いて歯根の表面を滑らかにするルートプレーニングという処置を行ないます。

歯科用ユニット

重度歯周炎

歯周ポケットが非常に深くなり、6mm以上になります。歯肉が真っ赤に腫れあがり、歯周ポケットの奥からも出血します。歯肉や歯周ポケットからも膿が出て、口臭が強くなります。また、歯肉が痩せるのでさらに歯が長く見え、隙間が目立ち、グラグラして食事に不自由するようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *