お口の健康を保つためには病気を未然に防ぐことが大切です

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、原因がわかっているので予防できる病気です。そして予防の基本は毎日のブラッシングなどによるセルフケア。しかし、「いつもブラッシングしているのに虫歯になった」という声もよくお聞きします。それはセルフケアでは落としきれない汚れが原因。そこで大切なのがセルフケアと併用する定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアです。

歯科用マイクロスコープ

お口の健康を保つためには病気を未然に防ぐことが大切です。病気にかかってしまってからの治療では、お口の中にダメージが残ってしまいますし、治療によるダメージも少なからず受けてしまいます。そこで、お口の異変を感じてから通院するより、痛くなる前に定期検診を受診することがお口の健康を守る秘訣です。

 

歯科診療の基本は「治療」よりも「予防」です。定期検診を受けることで、もし虫歯や歯周病にかかってしまっていたとしても、早期発見・早期治療につながります。結果的に大切なご自身の歯を失うことなく、治療にかかる時間や費用の節約にもなりますので、積極的にご活用ください。

 

かみ合わせチェック

歯並びや咬み合わせが乱れていると汚れがたまりやすい部位が生じることがあります。するとそこから虫歯や歯周病を発症しやすくなるのです。また通常は歯列全体で咀嚼(そしゃく)の力を分散しますが、咬み合わせが悪いと一部に過度の負担がかかり、その歯が揺らされ、歯周病を起こしやすくなるのです。定期的な咬み合わせのチェックと改善が歯周病予防につながります。

生体情報モニター

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、毎日のブラッシングではなかなか落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を取り除くための歯科スタッフによる専門器具を用いた歯のクリーニング処置です。歯面をなめらかにみがいたあとの仕上げのフッ素塗布で、歯質を強化し汚れの再付着を防ぎます。

 

ブラッシング指導

患者様の歯並びやお口の状態は一人ひとり異なります。またブラッシングのクセもあります。ブラッシング指導ではお口の中の汚れのたまっている部位をチェックし、その部位を中心に汚れを落とせるような歯ブラシの持ち方や動かし方をアドバイスします。また歯ブラシだけでなくデンタルロスや歯間ブラシの選び方や使い方もご説明しますので、毎日のセルフケアに役立ててください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *