お口の予防はじめるなら、まずはプロのチェックを受けましょう

お口のトラブルのもと「バイオフィルム」を除去しましょう

虫歯や歯周病といったお口の病気は細菌による感染症です。これらの病原菌は、お口の中のプラーク(歯垢)やバイオフィルム(細菌の膜)に潜んでいます。特に、バイオフィルムはお口の宿敵といってもよいほど多くの細菌が生息しており、唾液や抗生剤などを使ってもなかなか除去できません。

パルスオキシメーター

バイオフィルムを取り除くためには、歯科医院で行うプロケアPMTCが効果的。しかし、さっぱり落としたバイオフィルムも、通常3~4ヶ月すると復活してしまいます。そのため、個人差はありますが数ヶ月に一度の定期検診とクリーニングをご案内しているのです。

 

歯科医院で行うプロケア

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字をとったもので、歯科衛生士や歯科医師が専用機械を使って行う歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングだけでは落としきれない汚れ、プラーク、バイオフィルムを徹底的に落とします。歯をツルツルにみがきあげますので、汚れや細菌の再付着が少なく、お口の中がさっぱりとします。

 

歯周ポケットクリーニング

歯ブラシの毛先も届きにくく、汚れが残りやすい歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)。歯周病の原因となり、口臭につながることもあります。歯周ポケットクリーニングでは、歯周ポケットの状態を検査し、クリーニングを行います。

マイクロスコープ 歯科

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強化するフッ素を歯の表面に塗ってコーティングすることで、虫歯への抵抗力が高まります。長く効果を持続させるためにも定期的な塗布がおすすめです。

Comments are closed.