「高確率で予防ができる病気」でもあります。

虫歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。
(糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれています)医学専門用語では「う蝕」と呼ばれ、英語では「Cavity」、ドイツ語では「Caries」と言います。虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「高確率で予防ができる病気」でもあります。

口腔内カメラ

C1

プラーク内の細菌が生成する酸によって、歯が溶かされた状態(脱灰)です。この段階では、まだ穴が開いていないので、再石灰化により回復(自然治癒)します。毎日歯磨きを行うことが大切です。フッ素が配合された歯磨き粉の使用で、再石灰化を促進できます。

 

C2

虫歯が進行して深くなり、象牙質にまで達している状態です。痛みはあまりありませんが、冷たいものがしみるなどの症状が現れます。この段階まで進行すると、歯を削る必要があります(麻酔をしなければならないケースが多いです)。削った場所を詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)で補修します。

スリーウェイシリンジ

C3

虫歯がさらに深いところまで進行し、歯髄にまで達している状態です。そのため、痛みが生じます(激しい痛みを生じる場合もあります。)歯髄にまで達した虫歯は、削って神経を取る必要があります(クラウンやインレーで補修します)。神経の治療は、治療期間が長くなりやすいです。

 

C4

虫歯がさらに進行して、歯髄が死んでしまっている状態です。
この段階に達すると、痛みは生じなくなりますが、骨にまで影響が及ぶと強い痛みを生じるようになります。歯の神経が死んでしまい、その歯だけでなく全身にも最近の悪影響
が及ぶ可能性があります。他の歯への感染が懸念される場合など、抜歯しなければならない場合もあります。

 

歯を失わないためには 早い段階での虫歯治療が必要

虫歯が神経にまで達してしまうと、神経を取る(抜髄)治療や根をきれいにする治療(根管治療)が必要になります。神経を失うと歯はもろくなってしまうため、歯を喪失する
リスクが高まってしまいます。また、歯が変色してしまうため、審美性にも悪影響があり
ます。先にも紹介した通り、歯髄に達するまで痛みなどの自覚できる症状が現れない場合もあるため、自分で気付いた段階では虫歯は進行していることになるでしょう。痛くなる前に歯医者を受診する習慣を身に付けることが大切でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *