「歯周病」は昔でいう「歯槽膿漏」のことで、歯を支えている周囲の骨や歯茎が痩せてしまう病気です

歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の2つに分類され、合わせると成人の約8割が罹っていると言われています。(20代?30代では約7割、40?60代では8割以上、その後は皮肉なことに歯がなくなっていくと共に罹っている方も減少していきます。)

マイクロスコープ 歯科

歯周病の原因は細菌です。細菌は、「歯石」や「歯垢」などの歯の周りについた汚れの中に潜んでいます。なんと、歯垢1mg中には300種類、10億個もの細菌が隠れています。

<歯周病チェックリスト>
・歯がグラグラする
・歯を磨くと出血する
・朝起きると口の中がネバネバする
・硬いものをかむのが不安
・歯が長くなってきた

1つでも当てはまると歯周病の危険信号です。さらに、歯周病が進行すると、すきっ歯になってきたり、前歯が1本だけ飛び出てきたりと見た目にも大きく影響します。

 

歯周病の治し方

「歯石とり」と「歯磨き指導」を行います。
歯周病は細菌が原因ですので、細菌の住処となっている「歯石」「歯垢」を徹底的に除去することが治療です。

俗に言う、「歯石とり」がこれに当たるのですが、しっかりとした歯磨きができていないと約8時間で食べ残しは細菌の塊である「歯垢」に変化していきます。さらに、重度の歯周病になると、「歯周外科」や失った歯茎や骨を再生させる「再生療法」が適応になりますが、場合によっては抜歯せざるをえないこともあります。

生体情報モニター

歯周病にならないために

ポイントは「日々の歯ブラシ」と「定期検診」です。歯周病にかかり、失った骨や歯茎を取り戻すことは非常に困難です。特に、歯周病の細菌はご自身だけではなく、夫婦間やお子さん、お孫さんにも感染すると言われています。ぜひ、歯周病のない健康なお口を目指しましょう!

Comments are closed.