「歯周病」とはどんな病気?<歯周病の実態>

「歯周病」という言葉を、ここ近年、テレビ等でよく耳にしますよね。どうして「歯周病」がこれだけ騒がれているのでしょうか?そんな中、「歯周病」について、意外に知らない方が多いと思います。ここではまず、「歯周病とはどんな病気」かをお話しします

エアーモーター

歯周病とは「歯ぐき」と「歯を支えている骨」の病気です。

歯周病の原因は「歯垢(プラーク)」です。歯周病とは、歯の表面に付着した「歯垢(プラーク)」の中にいる「歯周病菌」が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや歯を支えている骨など)に炎症をもたらす感染症です。歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などを総称して「歯周病」といわれてます。

 

歯垢

歯と歯肉の間にたまる乳白色で粘性のある細菌のかたまりです。歯垢1mg中に1~2億ほどの細菌がいると言われており、糖分を栄養として増殖する。

 

歯石

歯に長時間付着した歯垢が、唾液中のカルシウムと混ざって石灰化したものです。栄養を含み、表面に凹凸がある為、細菌や歯垢が更にたまりやすくなる。

 

歯周ポケット

歯垢の侵入により、歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の深さが2mm以上になってしまった状態。

生体情報モニター

定期健診

「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあり、その汚れが虫歯や歯周病の原因になります。そのために当クリニックでは、下記のPMTCやフッ素塗布などによる定期的な健診をおすすめしています。いつまでも自分の歯で噛めるように、当クリニックがしっかりサポートさせていただきます。

 

PMTC

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家による歯のクリーニングのことです。

器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上および縁下1~3mmのプラークを機械的に除去します。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。