「ホワイトニングによる方法」と、「補綴(人工の歯で補う)による方法」

にっこりと微笑んだときに口元からこぼれる白い歯。美しくて魅力的に感じますよね。人の第一印象は口元で決まるとも言われています。

http://kiki.jimab.net/

審美歯科は、そんなあなたの口元に焦点をあて、単に歯の痛みを取り除いたり、噛む機能を回復させるだけに留まらず、バランスの取れた美しさにもこだわって治療を行う、総合的な歯科医療の分野です。審美歯科の治療は、「ホワイトニングによる方法」と、「補綴(人工の歯で補う)による方法」の2種類に大別されます。

マイクロスコープ 歯科

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を削ったりかぶせ物をすることなく、薬剤や光照射などで白くする技術です。クリニック内で光照射をして数時間で白くするオフィスホワイトニングと、自宅で薬を数日間にわたり塗って白くするホームホワイトニングの2種類があります。

 

オールセラミッククラウン

一切金属を使用しないで作るかぶせ物。金属を使用した場合と同等の強度を有します。

天然の歯と同様、透過性があるため明るい仕上がりになり、ご自分の歯と分からないほどの審美性をもっています。金属アレルギーの心配がなく、もちろん歯の変色はありません。
現在、最も優れている材料といえます。

パルスオキシメーター

メタルボンド

金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物です。中身が金属で出来ているので、強度がオールセラミックより強く、表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性などのデメリットがあります。

 

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを治したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

 

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。