虫歯は口臭を引き起こすことがあります。虫歯菌が繁殖することにより、口臭が発生するのです

【細菌】

口の中には、たくさんの細菌が潜んでいますが、虫歯の原因となる菌がミュータンス菌です。この虫歯菌は、砂糖を栄養源に活発に働いており、時間が経つごとにどんどん繁殖していきます。その後、虫歯菌は歯垢(プラーク)を作り、歯を溶かしていくことで、虫歯がどんどん進行していくのです。また、ミュータンス菌は感染する恐れもあります。母親が虫歯になりやすい場合、お子様も虫歯になる傾向が高くなりますので、日頃から歯磨きの習慣をつけましょう。

 

【糖分】

虫歯の一番の原因とも考えられるのが砂糖です。甘いお菓子が大好きな方は毎日のように摂取していると思いますが、虫歯予防のためには食べた後、お茶を飲むなどの対策をしましょう。糖分は甘いお菓子だけでなく、米やパンなどの主食にも含まれています。トータルの砂糖摂取量が過剰にならない様、砂糖入り飲料等はひかえめにしましょう。

http://kiki.jimab.net/

【歯並び・歯の質・歯の形】

歯を大切に扱っているのに虫歯になるという方は、歯自体に問題がある可能性もあります。歯並びが悪いといくらキレイに磨いていても、磨き残しが発生する可能性があります。それが原因で虫歯が発症しやすくなります。また、歯の質が弱い方も中にはいらっしゃいます。改善策として、フッ素の濃度が高い歯磨き粉を使用することで、歯の表面のエナメル質が少しずつ強化されていきます。さらに、歯が複雑な形をしている、歯の溝が深い方は、歯ブラシの毛先が届きにくくなりますので、虫歯になりやすいです。対策として、歯の溝を浅くする治療を受けるようにしましょう

マイクロスコープ 歯科

C0~初期の虫歯

歯の表面のかたいエナメル質が溶けはじめ、白濁が始まります。まだ自覚症状はありません。この段階であれば、適切なブラッシングやフッ素塗布などの予防処置で改善できます。

パルスオキシメーター

C1~エナメル質(歯の表面)の虫歯

まだ痛みはなく、エナメル質が溶けた状態です。歯のツヤがなくなり茶色っぽい部分(象牙質)があらわれます。虫歯部分を削り、レジンという歯科用プラスチックを詰めて処置します。

C2~象牙質(エナメル質の内側)の虫歯

神経が通っている象牙質に虫歯が達し、甘いもの・冷たいものがしみたり、痛んだりします。処置としては虫歯部分を削り、詰めものをします。場合によっては型採りをします。

C3~神経に達する虫歯

大きく穴があき、咬んだときはもちろん、何もしなくても激しく痛みます。根管治療をし、被せものをして処置します。

C4~歯根の虫歯

根から上の歯がほとんどない状態です。神経が壊死し、痛みはなくなります。炎症が進行し、膿みが溜まりますと、再び痛むこともあります。抜歯をし、インプラントや入れ歯、ブリッジなどの治療が必要になります。

Comments are closed.